このディレクトリの索引

# 出典 :: C/C++の宿題片付けます 158代目 #880 # [1]授業単元:C言語 # [2]問題文 # マインスイーパのような爆弾ゲームプログラムを作成する。 # 1. マス目を8× 8に設定する。 # 2. 爆弾を10個にし、同じマス目に重ならないようにランダムに配置する(試行の最大回数は54回となる)。 # 3.まだ指定していないマス目には数字の0の代わりに記号'-'を表示する。 # 4.爆弾が置かれていないマス目が指定された場合、ヒントとして「周囲のマス目にある爆弾の総数」を # 表示する(最小で0、最大で8)。 # 5. 爆弾が置かれたマス目を指定した場合、そのマス目も含めて爆弾の置かれたすべてのマス目に小文字 # の'x'を表示し、"Bomb!"と表示して終了する。 # # [3]環境 # [3.1]windows7 # [3.2]gcc # [3.3]C/C++ # [4]7月20日 # よろしくお願いします。 # マインスイーパ :- 盤面の設定と爆弾の配置(_平坦なならびで表現された盤面), マインスイーパ(_平坦なならびで表現された盤面). 盤面の設定と爆弾の配置(_平坦なならびで表現された盤面) :- 'マス目を8× 8に設定する'(_平坦なならびで表現された盤面), '爆弾を10個にし、同じマス目に重ならないようにランダムに配置する(試行の最大回数は54回となる)'(_平坦なならびで表現された盤面). マインスイーパ(_平坦なならびで表現された盤面) :- 変数が64個になったら挑戦者の勝ちである(_平坦なならびで表現された盤面),!. マインスイーパ(_平坦なならびで表現された盤面) :- マインスイーパを継続する(_平坦なならびで表現された盤面). 変数が64個になったら挑戦者の勝ちである(_平坦なならびで表現された盤面) :- 度数((member(A,_平坦なならびで表現された盤面),atom(A)),64), write('あなたの勝ちです。\n'). マインスイーパを継続する(_平坦なならびで表現された盤面) :- '爆弾を隠して盤面表示後、マス目を選択する'(_平坦なならびで表現された盤面,_行位置,_列位置), マインスイーパ(_行位置,_列位置,_平坦なならびで表現された盤面). '爆弾を隠して盤面表示後、マス目を選択する'(_平坦なならびで表現された盤面,_行位置,_列位置) :- 爆弾を隠して盤面を表示する(_平坦なならびで表現された盤面), マス目を選択させる(_行位置,_列位置). マインスイーパ(_行位置,_列位置,_平坦なならびで表現された盤面) :- '爆弾が置かれていないマス目が指定された場合、ヒントとして「周囲のマス目にある爆弾の総数」を示す'(_行位置,_列位置,_平坦なならびで表現された盤面), マインスイーパ(_平坦なならびで表現された盤面),!. マインスイーパ(_行位置,_列位置,_平坦なならびで表現された盤面) :- '爆弾が置かれたマス目を指定した場合、そのマス目も含めて爆弾の置かれたすべてのマス目に小文字の x を表示し、Bomb!"と表示して終了する'(_行位置,_列位置,_平坦なならびで表現された盤面). '爆弾が置かれていないマス目が指定された場合、ヒントとして「周囲のマス目にある爆弾の総数」を示す'(_行位置,_列位置,_平坦なならびで表現された盤面) :- '爆弾が置かれていないマス目が指定された場合、'(_行位置,_列位置,_nth1,_平坦なならびで表現された盤面), 'ヒントとして「周囲のマス目にある爆弾の総数」を示す'(_nth1,_平坦なならびで表現された盤面). '爆弾が置かれていないマス目が指定された場合、'(_行位置,_列位置,_nth1,_平坦なならびで表現された盤面) :- 平坦化した位置に変換(_行位置,_列位置,_nth1), nth1(_nth1,_平坦なならびで表現された盤面,0). 'ヒントとして「周囲のマス目にある爆弾の総数」を示す'(_nth1,_平坦なならびで表現された盤面) :- 爆弾は周囲にいくつあるか(_nth1,_平坦なならびで表現された盤面,_個数), writef('周囲に爆弾は %w 個あります\n',[_個数]),!. '爆弾が置かれたマス目を指定した場合、そのマス目も含めて爆弾の置かれたすべてのマス目に小文字の x を表示し、Bomb!"と表示して終了する'(_行位置,_列位置,_平坦なならびで表現された盤面) :- 得点は(_平坦なならびで表現された盤面,_得点), 爆弾が置かれたすべてのマス目に小文字のxを表示し(_平坦なならびで表現された盤面), writef('\n Bomb! \n\n\n あなたの得点は %t です\n',[_得点]). 得点は(_平坦なならびで表現された盤面,_得点) :- 度数((member(A,_平坦なならびで表現された盤面),\+(var(A)),A==0),_得点). 爆弾が置かれたすべてのマス目に小文字のxを表示し([]) :- !. 爆弾が置かれたすべてのマス目に小文字のxを表示し(L) :- 爆弾が置かれたすべてのマス目に小文字のxを表示して行く(L). 爆弾が置かれたすべてのマス目に小文字のxを表示して行く([_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8|R]) :- 爆弾を含むマス目を行末まで表示する([_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8]), 爆弾が置かれたすべてのマス目に小文字のxを表示し(R). 爆弾を含むマス目を行末まで表示する([_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8]) :- マス目を([_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8],A,R), 行末まで表示する(A,R). 行末まで表示する(A,R) :- 爆弾を含むマス目表示文字(A,_表示文字), 爆弾を含むマス目表示(R,_表示文字). 爆弾を含むマス目表示(R,_表示文字) :- writef('%w',[_表示文字]), R = [], write('\n'). マス目を([_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8],A,R) :- append(_,[A|R],[_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8]). 爆弾を含むマス目表示文字(V,'-') :- var(V),!. 爆弾を含むマス目表示文字('x','x') :- !. 爆弾を含むマス目表示文字(_,0). 爆弾を隠して盤面を表示する([]). 爆弾を隠して盤面を表示する([_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8|R]) :- 爆弾を隠してマス目の行表示([_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8]), 爆弾を隠して盤面を表示する(R). 爆弾を隠してマス目の行表示([_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8]) :- マス目を([_1,_2,_3,_4,_5,_6,_7,_8],A,R), 爆弾を隠して行末まで表示する(A,R). 爆弾を隠して行末まで表示する(A,R) :- 爆弾を隠すマス目表示文字(A,_表示文字), 爆弾を隠すマス目表示(_表示文字,R). 爆弾を隠すマス目表示(_表示文字,R) :- writef('%w',[_表示文字]), R = [], write('\n'). 爆弾を隠すマス目表示文字(V,'-') :- var(V),!. 爆弾を隠すマス目表示文字('x','-') :- !. 爆弾を隠すマス目表示文字(_,0). 平坦化した位置に変換(_行位置,_列位置,_nth1) :- _nth1 is (_行位置-1) * 8 + _列位置. 'マス目を8× 8に設定する'(_平坦なならびで表現された盤面) :- length(_平坦なならびで表現された盤面,64). '爆弾を10個にし、同じマス目に重ならないようにランダムに配置する(試行の最大回数は54回となる)'(L) :- 爆弾は10個にし(Lp), 同じマス目に重ならないようにランだけに配置する(Lp,L). 爆弾は10個にし(Lp) :- length(Lp,10). 同じマス目に重ならないようにランだけに配置する([],L) :- !. 同じマス目に重ならないようにランだけに配置する([_|R1],L) :- 同じマス目に重ならないようにランダムに一個爆弾を設置する(L), 同じマス目に重ならないようにランだけに配置する(R1,L). 同じマス目に重ならないようにランダムに一個爆弾を設置する(L) :- ランダムに(L,_nth0), 同じマス目に重ならないように一個爆弾を設置する(_nth0,L),!. ランダムに(L,_nth0) :- repeat, _nth0 is random(64). 同じマス目に重ならないように一個爆弾を設置する(_nth0,L) :- 同じマス目に重ならないように(_nth0,L,V), 一個爆弾を設置する(V). 同じマス目に重ならないように(_nth0,L,V) :- nth0(_nth0,L,V), var(V). 一個爆弾を設置する(x). 爆弾は周囲にいくつあるか(N,L,_個数) :- 度数(周囲の八箇所の中で爆弾があるのは(N,L),_個数). 周囲の八箇所の中で爆弾があるのは(N,L) :- 周辺の八箇所の中で(N,_nth1), '_nth1には爆弾がある'(_nth1,L). 周辺の八箇所の中で(N,_nth1) :- member(_式,[N-9,N-8,N-7,N-1,N,N+1,N+7,N+8,N+9]), _nth1 is _式. '_nth1には爆弾がある'(_nth1,L) :- nth1(_nth1,L,V), 変数ではなく爆弾がある(V). 変数ではなく爆弾がある(V) :- 変数ではなく(V), V = x. 変数ではなく(V) :- \+(var(V)). マス目を選択させる(_行位置,_桁位置) :- 整数を得る('マス目の行位置(1-8) ',between(1,8,_行位置),_行位置), 整数を得る('マス目の桁位置(1-8) ',between(1,8,_桁位置),_桁位置),!. 度数(P,_度数) :- findall(1,P,L), length(L,_度数). 整数を得る(_催促文,_条件,_整数) :- 催促文付き行入力から条件付きで整数を得る(_催促文,_条件,_整数),!. 整数を得る(_催促文,_条件,_整数) :- 整数を得る(_催促文,_条件,_整数). 催促文付き行入力から条件付きで整数を得る(_催促文,_条件,_整数) :- 催促文付き行入力から(_催促文,_行), 行を条件付きで整数に変換する(_行,_条件,_整数),!. 催促文付き行入力から(_催促文,_行) :- writef('%w',[_催促文]), 行入力(_行). 行入力(_行) :- read_line_to_codes(user_input,Codes), atom_chars(_行,Codes). 行を条件付きで整数に変換する(_行,_条件,_整数) :- 行を整数に変換する(_行,_整数), 整数入力条件検査(_条件). 行を整数に変換する(_行,_整数) :- read_term_from_atom(_行,_整数,[]), 整数検査(_整数). 整数検査(_整数) :- integer(_整数),!. 整数検査(_項) :- 整数検査再入力要請(_項). 整数検査再入力要請(_項) :- writef('入力された項 %w は整数になりません。再入力をお願いします。\n',[_項]), fail. 整数入力条件検査(_条件) :- catch(_条件,E,fail),!. 整数入力条件検査(_条件) :- 整数入力条件検査再入力要請(_条件). 整数入力条件検査再入力要請(_条件) :- writef('入力された %w は成立しません。再入力をお願いします。\n',[_条件]), fail.