このディレクトリの索引
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/tech/1349527750/666
#  [1] 配列ポインタ 
#  [2] n件の浮動小数点型データを配列に入力して、その最大値を出力するプログラムを作成。 
#  ただし、配列の定義以外で添字演数子[ ]を用いないまた、*(p+i)、*p++の形式2つを用いた場合をそれぞれ作成。また、入出力処理をファイル処理に変更して、入出力ファイル名はコマンドラインで指定する。 
#  [3]Linux、gcc、C 
#   
#  [4] 至急 
#  [5] 緊急で無理とは思いますがお願いします 
# 
# 

'n件の浮動小数点型データをならびに入力して、その最大値を出力する'(_n件,_最大値) :-
        'n件の浮動小数点型データをならびに入力して'(_n件,_浮動小数点型データならび),
        その最大値を出力する(_浮動小数点型データならび).

'n件の浮動小数点型データをならびに入力して'(_n件,_浮動小数点型データならび) :-
        length(_浮動小数点型データならび,_n件),
        findall(_浮動小数点型データ,(
                    member(_,_浮動小数点型データならび),
                    実数を得る('浮動小数点型データ',浮動小数点型データ)),
                _浮動小数点型データならび).

その最大値を出力する(_浮動小数点型データならび) :-
        その最大値を(_浮動小数点型データならび,_最大値),
        writef('最大値は %t です\n',[_最大値]).

その最大値を([A|R],A,_最大値) :-
        その最大値を(R,A,_最大値).

その最大値を([],_最大値,_最大値).
その最大値を([A|R],_最大値_1,_最大値) :-
        A > _最大値_1,
        その最大値を(R,A,_最大値).
その最大値を([A|R],_最大値_1,_最大値) :-
        A =< _最大値_1,
        その最大値を(R,_最大値_1,_最大値).