このディレクトリの索引

# # 夕暮れはなにと、ひとかたならぬ、思ひかな、月は待つらん、月をば待つらん、われをば待たじ、虚言や # 暁は、暁は、数々多き、思いかな、わがためならば、鳥もよし鳴け、鐘もただ鳴れ、 # 夜も明けよ、ただ獨り寝ならば、辛からじ。 # かやうに心を尽くし尽くして、かやうに心を、尽くし尽くして、榻の数々、算みて見たれば、 # 九十九夜なり、今はひと夜よ、嬉しやとて、待つ日になりぬ、 # 深草の少将小町の元へ九十九夜通ひ詰め :- 深草の少将小町の元へ九十九夜通ひ詰め([]), 今はひと夜よ, 嬉しやとて待つ日になりぬ. 深草の少将小町の元へ九十九夜通ひ詰め(_榻の数) :- かやうに心を尽くし尽くして(_かやうに), かやうに心を尽くし尽くして(_かやうに), 榻の数々(_榻の数,_榻の数々), 算みて見たれば九十九夜なり(_榻の数々). かやうに心を尽くし尽くして(_かやうに) :- かやうに(_かやうに). かやうに('夕暮れはなにと、ひとかたならぬ、思いかな、      月は待つらん、月をば待つらん、われをば待たじ虚言や      暁は、暁は、数々多き、思ひかな、      わがためならば、鳥もよし鳴け、鐘もただ鳴れ、      夜も明けよ、ただ独り寝ならば、辛からじ。'). 榻の数々(_榻の数,[_|_榻の数]). 算みて見たれば九十九夜なり(_榻の数々) :- 算みて見たれば(_榻の数々,_算みて見たれば), 九十九夜なり(_算みて見たれば),!. 算みて見たれば九十九夜なり(_榻の数々) :- 深草の少将小町の元へ九十九夜通ひ詰め(_榻の数々). 算みて見たれば([_|_残りの榻の数々],_算みて見たれば) :- 算みて見たれば(_残りの榻の数々,_算みて見たれば). 算みて見たれば(_算みて見たれば,_算みて見たれば). 九十九夜なり([_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_]). 今はひと夜よ. 嬉しやとて待つ日になりぬ.