このディレクトリの索引

むすめふさほせ(む,す,村雨のの露もまだ干ぬ槙の葉に霧立ち昇る秋の夕暮れ).
むすめふさほせ(す,め,住之江の岸に寄る波夜さへや夢の通ひぢひとめよくらむ).
むすめふさほせ(め,ふ,めぐり逢ひて見しやそれともわかぬ間に雲隠れにし夜半の月かな).
むすめふさほせ(ふ,さ,吹くからに秋の草木の萎るればむべ山風を嵐といふらむ).
むすめふさほせ(さ,ほ,淋しさに宿を立ち出て眺むればいづこも同じ秋の夕暮れ).
むすめふさほせ(ほ,せ,ほととぎす鳴きつる方を眺むればただ有明の月ぞ残れる).
むすめふさほせ(せ,む,瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ).