このディレクトリの索引

'コールユーブンゲン No.45 a) の階名'(['ミ-1','ミ-1','ド-1','ソ-1','ファ-1','ミ-1','ファ-1','レ-1','ラ-1','ソ-1','ファ-1','ソ-1','ミ-1','シ-1','ド-2','ファ-1','ラ-1','レ-1','ファ-1','シ-0','ソ-1','ファ-1','ミ-1','ド-1','ソ-1','ファ-1','ミ-1','ラ-1','ファ-1','ド-2','シ-1','ラ-1','ソ-1','ド-2','ミ-1','ラ-1','レ-1','ファ-1','シ-0','レ-1','ソ-1','ド-1','ミ-1','ド-2','シ-1','ラ-1','ド-2','ラ-1','シ-1','ミ-1','シ-1','ド-2','シ-1','ラ-1','ソ-1','ファ-1','ラ-1','ファ-1','ソ-1','ド-1','ソ-1','ラ-1','シ-1','ド-2','ソ-1','レ-2','シ-1','ド-2','ラ-1','ド-2','ラ-1','シ-1','ラ-1','ミ-1','レ-1','ラ-1','ソ-1','ラ-1','ファ-1','ミ-1','ソ-1','ド-1','ド-1','レ-1','ミ-1','ファ-1','ソ-1','ラ-1','ファ-1','ド-2','ラ-1','ソ-1','ファ-1','ラ-1','レ-1','レ-1','ミ-1','ファ-1','ソ-1','ラ-1','シ-1','ソ-1','レ-2','ド-2','シ-1','ド-2','ミ-1','シ-1','ド-2','シ-1','ラ-1','ド-1','ソ-1','ラ-1','ソ-1','ファ-1','ラ-1','ミ-1','ファ-1','ド-1','レ-1','シ-0','レ-1','ソ-1','ド-1']). 'この練習曲がコールユーブンゲンの代表曲だという根拠として、音程の出現数が最も多いことが挙げられる。それではそのことを示す資料を作っておくことにしよう。' :- 'コールユーブンゲン No.45 a) の音程出現表'. 'コールユーブンゲン No.45 a) の音程出現表' :- forall(('コールユーブンゲン No.45 a) に出現する音程とその出現数'(A,B,_出現数),_出現数 > 0), writef('%t,%t,%t\n',[A,B,_出現数])). 'コールユーブンゲン No.45 a) に出現する音程とその出現数'(A,B,_出現数) :- 'コールユーブンゲン No.45 a) に出現する音程と'(L,A,B), その出現数(L,A,B,_出現数). 'コールユーブンゲン No.45 a) に出現する音程と'(L,A,B) :- 'コールユーブンゲン No.45 a) の階名'(L), setof(A,member(A,L),L2), 順列(L2,2,[A,B]). その出現数(L,A,B,_出現数) :- 度数(append(_,[A,B|_],L),_出現数). 順列(Y,0,[]). 順列(Y,N,[A|X]) :- select(A,Y,Z), M is N - 1, 順列(Z,M,X). 度数(_目標,_度数) :- findall(1,_目標,L), length(L,_度数).