このディレクトリの索引

# 出典 :: CodeIQ q1365 # # 成績の分布などを表すのに使われる度数分布表。 # ひと目で全体の散らばり具合がわかって便利です。 # # 【問題】 # 今回は素数の度数分布表を作ってみます。 # 入力として2つの正の整数が与えられます。 # 一つ目は分布させる素数の最大値、二つ目は区切りの大きさです。 # 例えば、30と5が与えられたとき、30までの素数を5で区切って出力します。 # 30までの素数は2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29ですので、 # 出力内容は以下のようになります。 # 01-05:*** # 06-10:* # 11-15:** # 16-20:** # 21-25:* # 26-30:* # 同様に、40と7が与えられると、以下のように出力されます。 # 01-07:**** # 08-14:** # 15-21:** # 22-28:* # 29-35:** # 36-42:* # 上記のように出力するプログラムを作成してください。 # なお、最低限、以下の入力に対して正常に動作することを確認してください。 # 入力1:100 15 # 入力2:1200 25 # 入力3:12345 789 # '今回は素数の度数分布表を作ってみます。'(_最大値,_区切り) :- 素数の度数分布表(_最大値,_区切り,_度数分布表), 度数分布図として表示する(_度数分布表). 素数の度数分布表(_最大値,_区切り,_度数分布表) :- 素数を生成する(_最大値,_素数ならび), 素数の度数分布表(_素数ならび,_区切り,_最大値,_度数分布表). 素数を生成する(_最大値,_素数ならび) :- findall(_自然数,between(2,_最大値,_自然数),L), エラトステネスの篩(L,_素数ならび). エラトステネスの篩([],[]) :- !. エラトステネスの篩([M|R1],[M|R2]) :- エラトステネスの篩(M,R1,L), エラトステネスの篩(L,R2). エラトステネスの篩(M,R1,L) :- findall(N,( member(N,R1), \+(0 is N mod M)),L). 素数の度数分布表(_素数ならび,_区切り,_最大値,_度数分布表) :- findall([_範囲下限,_範囲上限,_度数],( 素数の度数分布(_素数ならび,_最大値,_区切り,1,_区切り,_範囲下限,_範囲上限,_度数)),_度数分布表). 素数の度数分布(_素数ならび,_最大値,_区切り,_範囲下限,_範囲上限,_範囲下限,_範囲上限,_度数) :- 範囲と度数を得る(_素数ならび,_最大値,_範囲下限,_範囲上限,_度数). 素数の度数分布(_素数ならび,_最大値,_区切り,_範囲下限_1,_範囲上限_1,_範囲下限,_範囲上限,_度数) :- '範囲をずらしながら、素数の度数分布を得る'(_素数ならび,_最大値,_区切り,_範囲下限_1,_範囲上限_1,_範囲下限,_範囲上限,_度数). 範囲と度数を得る(_素数ならび,_最大値,_範囲下限,_範囲上限,_度数) :- _範囲下限 =< _最大値, 度数((between(_範囲下限,_範囲上限,_素数),member(_素数,_素数ならび)),_度数). '範囲をずらしながら、素数の度数分布を得る'(_素数ならび,_最大値,_区切り,_範囲下限_1,_範囲上限_1,_範囲下限,_範囲上限,_度数) :- _範囲下限_1 =< _最大値, 次の範囲を確定する(_区切り,_範囲下限_1,_範囲上限_1,_次の範囲下限,_次の範囲上限), 素数の度数分布(_素数ならび,_最大値,_区切り,_次の範囲下限,_次の範囲上限,_範囲下限,_範囲上限,_度数). 次の範囲を確定する(_区切り,_範囲下限_1,_範囲上限_1,_次の範囲下限,_次の範囲上限) :- _次の範囲下限 is _範囲下限_1 + _区切り, _次の範囲上限 is _範囲上限_1 + _区切り. 度数(_目標,_度数) :- findall(_,_目標,L), length(L,_度数). 度数分布図として表示する(_度数分布表) :- 範囲の下限値と上限値のそれぞれの最大値の桁数を得る(_度数分布表,_範囲下限の表示桁数,_範囲上限の表示桁数), 範囲毎に柱を表示する(_度数分布表,_範囲下限の表示桁数,_範囲上限の表示桁数). 範囲の下限値と上限値のそれぞれの最大値の桁数を得る(_度数分布表,_範囲下限の表示桁数,_範囲上限の表示桁数) :- 範囲下限値の最大値の桁数を得る(_度数分布表,_範囲下限の表示桁数), 範囲上限値の最大値の桁数を得る(_度数分布表,_範囲上限の表示桁数). 範囲下限値の最大値の桁数を得る(_度数分布表,_範囲下限の表示桁数) :- findall(_桁数,範囲下限値の桁数(_度数分布表,_桁数),L), max_list(L,_範囲下限の表示桁数). 範囲下限値の桁数(_度数分布表,_下限桁数) :- 範囲下限値の(_度数分布表,_範囲下限), 桁数(_範囲下限,_下限桁数). 範囲下限値の(_度数分布表,_範囲下限) :- member([_範囲下限,_,_],_度数分布表). 桁数(_整数,_桁数) :- number_chars(_整数,_数字ならび), length(_数字ならび,_桁数). 範囲上限値の最大値の桁数を得る(_度数分布表,_範囲の表示桁数) :- findall(_桁数,範囲上限値の桁数(_度数分布表,_桁数),L), max_list(L,_範囲の表示桁数). 範囲上限値の桁数(_度数分布表,_上限桁数) :- 範囲上限値の(_度数分布表,_範囲上限), 桁数(_範囲上限,_上限桁数). 範囲上限値の(_度数分布表,_範囲上限) :- member([_,_範囲上限,_],_度数分布表). 範囲毎に柱を表示する(_度数分布表,_範囲下限の表示桁数,_範囲上限の表示桁数) :- forall( 範囲毎に(_度数分布表,_範囲下限,_範囲上限,_度数), 柱を表示する(_範囲下限の表示桁数,_範囲上限の表示桁数,_範囲下限,_範囲上限,_度数)). 範囲毎に(_度数分布表,_範囲下限,_範囲上限,_度数) :- member([_範囲下限,_範囲上限,_度数],_度数分布表). 柱を表示する(_範囲下限の表示桁数,_範囲上限の表示桁数,_範囲下限,_範囲上限,_度数) :- ヘッドゼロサプライで範囲を表現する(_範囲下限の表示桁数,_範囲上限の表示桁数,_範囲下限,_範囲上限,_範囲表現文字列), 星文字列(_度数,_星文字列), writef('%w:%w\n',[_範囲表現文字列,_星文字列]). ヘッドゼロサプライで範囲を表現する(_範囲下限の表示桁数,_範囲上限の表示桁数,_範囲下限,_範囲上限,_範囲表現文字列) :- ヘッドゼロサプライ(_範囲下限の表示桁数,_範囲下限,_表示範囲下限), ヘッドゼロサプライ(_範囲上限の表示桁数,_範囲上限,_表示範囲上限), atomic_list_concat([_表示範囲下限,'-',_表示範囲上限],_範囲表現文字列). ヘッドゼロサプライ(_桁数,_数値,_ヘッドゼロサプライ数値表現) :- ヘッドゼロサプライを構成する枠を作る(_桁数,_ヘッドゼロサプライされたリスト), 数値を文字のリスト変換してその頭部にゼロを埋める(_数値,_ヘッドゼロサプライされたリスト), 文字リストを文字列に変換(_ヘッドゼロサプライされたリスト,_ヘッドゼロサプライ数値表現). ヘッドゼロサプライを構成する枠を作る(_桁数,_ヘッドゼロサプライされたリスト) :- length(_ヘッドゼロサプライされたリスト,_桁数). 数値を文字のリスト変換してその頭部にゼロを埋める(_数値,_ヘッドゼロサプライされたリスト) :- number_chars(_数値,_数字のリスト), append(_頭部の枠リスト,_数字のリスト,_ヘッドゼロサプライされたリスト), 全ての要素が同じ(_頭部の枠リスト,'0'). 全ての要素が同じ([],_). 全ての要素が同じ([V|R],V) :- 全ての要素が同じ(R,V). 星文字列(_度数,_星文字列) :- findall(*,between(1,_度数,_),L), atomic_list_concat(L,_星文字列). 文字リストを文字列に変換(_ヘッドゼロサプライされたリスト,_ヘッドゼロサプライ数値表現) :- atom_chars(_ヘッドゼロサプライ数値表現,_ヘッドゼロサプライされたリスト).