このディレクトリの索引
%  
%  情報を仮にProlog述語として置く方法を示す。
%  


'JSONは2つの構造を基にしています。' :- true.

'名前/値のペアの集まり。様々な言語で、これはオブジェクト、レコード、構造体、ディクショナリ、ハッシュテーブル、キーのあるリスト、連想配列として実現されています。' :- true.

'値の順序付きリスト。ほとんどの言語で、これは配列として実現されています。' :- true.

'これらは普遍的なデータ構造です。つまり実質的に、現代の全てのプログラミング言語が、いずれの形にせよサポートしているということです。プログラミング言語の間で交換可能なデータ形式が、これらの構造に基づいているのは当然です。' :- true.

'JSONでは、以下の形式を持っています。' :- true.

'オブジェクトは、順序付けされない名前/値のペアのセットです。オブジェクトは、{(左の中括弧)で始まり、} (右の中括弧)で終わります。 各名前の後ろには、:(コロン)が付きます。そして、名前/値のペアは、,(コンマ)で区切られます。' :- true.

'配列は、順序付けされた値の集まりです。配列は、[(左の大括弧)で始まり、](右の大括弧)で終わります。値は、,(コンマ)で区切られます。' :- true.

'値は、2重引用符に囲まれた文字列、数値、true、false、null、オブジェクト、配列です。これらの構造は、ネストできます。' :- true.

'文字列は、2重引用符で囲われてバックスラッシュエスケープされたゼロ文字以上のユニコード文字の集まりです。一つの文字も、一つの文字列として表されます。文字列は、CまたはJavaの文字列によく似ています。' :- true.

'数値も、8進数および16進数の形式が使われないことを除いて、CまたはJavaの数値によく似ています。' :- true.

'細かなエンコード表記を除けば、JSONの形式は完全にその言語を表しています。' :- true.

'トークンとトークンの間のどこにでも空白を挿入できます。' :- true.