このディレクトリの索引

# 出典 :: C/C++の宿題片付けます #810 # [1] アルゴリズム # # [2] 自然数の数列内にあるnよりも大きい数と小さい数が # 数列上においてnの前後にそれぞれ一つずつある場合、そのnを出力する。 # つまり、(n-a,...,n+b,....n,....n+c,....,n-d)という風になっているnを探すプログラムです。 # 自然数の数列内にあるnよりも大きい数と小さい数が数列上においてnの前後にそれぞれ一つずつある場合、そのnを出力(_自然数ならび) :- append(L1,[N|L2],_自然数ならび), findsum(1,(member(A,L1),A > N),1), findsum(1,(member(B,L2),B < N),1), write_formatted('%t\n',[N]).