このディレクトリの索引

同一要素数ならびを要素の出現順に得る(_ならび,_同一要素数ならび) :- findall([_要素,_度数],( 同一要素数を得る(_ならび,_要素,_度数)),_同一要素数ならび). 同一要素数を得る(_ならび,_要素,_度数) :- 最初の要素を得る(_ならび,_残りならび,_要素), 度数(member(_要素,[_要素|_残りならび]),_度数). 最初の要素を得る(_ならび,_残りならび,_要素) :- append(_前ならび,[_要素|_残りならび],_ならび), 要素は前ならびには存在しない(_要素,_前ならび). 要素は前ならびには存在しない(_要素,_前ならび) :- \+(member(_要素,_前ならび)). 度数(_目標,_度数) :- findall(1,_目標,L), length(L,_度数).