このディレクトリの索引

副文字列の性質適用(_文字列,_前文字列の性質,_適合文字列の性質,_後文字列の性質,_前文字列,_適合文字列,_後文字列) :- 適合文字列の性質適用(_文字列,_適合文字列の性質,S,R,_適合文字列), 前文字列の性質適用(_文字列,S,_前文字列の性質,_前文字列), 後文字列の性質適用(_文字列,R,_後文字列の性質,_後文字列). 適合文字列の性質適用(_文字列,_適合文字列の性質,S,R,_適合文字列) :- sub_atom(_文字列,S,_,R,_適合文字列), call(_適合文字列の性質). 前文字列の性質適用(_文字列,S,_前文字列の性質,_前文字列) :- sub_atom(_文字列,0,S,_,_前文字列), call(_前文字列の性質). 後文字列の性質適用(_文字列,R,_後文字列の性質,_後文字列) :- sub_atom(_文字列,_,R,0,_後文字列), call(_後文字列の性質). %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% % % ここでは以下の比較をしたい % ?- 副文字列の性質適用(abcdef,sub_atom(X,_,1,0,b),true,sub_atom(Z,0,1,_,e),X,Y,Z). X = ab, Y = cd, Z = ef; false. ?- sub_atom(abcdef,X,Y,Z), sub_atom(X,_,1,0,b), sub_atom(Z,0,1,_,e). X = ab, Y = cd, Z = ef; false. % 本当に引数に適用目標を持ち込んだ 副目標の性質適用/7 の表現が % 理解しやすい、使いやすいと言い得るであろうか?