このディレクトリの索引

# 出典 :: わかりやすい Javaによる医療言語処理入門 p62-65 # # n-gram :: 文字列から文字の出現確率を求める。 # 'n-gram'(_文字列,_文字,_出現確率) :- 文字の出現頻度の総数を求める(_文字列,_文字の出現頻度の総数), 文字の出現頻度(_文字列,_文字,_文字の出現頻度), _出現確率 is _文字の出現頻度 / _文字の出現頻度の総数. 文字の出現頻度の総数を求める(_文字列,_文字の出現頻度の総数) :- sub_atom(_文字列,_,_文字の出現頻度の総数,_,_文字列). 文字の出現頻度(_文字列,_文字,_文字の出現頻度) :- 重複なく文字を取り出す(_文字列,_文字), 頻度(文字を取り出す(_文字列,_文字),_文字の出現頻度). 重複なく文字を取り出す(_文字列,_文字) :- 文字の集合(_文字列,_文字の集合), member(_文字,_文字の集合). 文字の集合(_文字列,_文字の集合) :- setof(C,(A,B,C) ^ sub_atom(_文字列,A,1,B,C),_文字の集合). 文字を取り出す(_文字列,_文字) :- sub_atom(_文字列,_,1,_,_文字). 頻度(P,_頻度) :- findall(1,P,L), length(L,_頻度).