このディレクトリの索引
% 読み飛ばしはappend/3で実現できる。ただ要素に出会えなかった時にfailすることに注意が必要だ。
% 述語の第一引数、第二引数が逆に定義されていることもあるからこれも注意。

読み飛ばし(_ならび,_要素,_残りのならび) :-
        append(_,[_要素|_残りのならび],_ならび).

読み飛ばし(_ならび,_要素,_読み飛ばしたならび,_残りのならび) :-
        append(_読み飛ばしたならび,[_要素|_残りのならび],_ならび).