このディレクトリの索引

三角形として成立 :- 入力された三辺が三角形として成立したらOKと表示する,!. 三角形として成立 :- 三角形として不成立でNGを出す. 入力された三辺が三角形として成立したらOKと表示する :- 入力された三辺が(_三辺の長さリスト), 三角形として成立したら(_三辺の長さリスト), 'OKと表示する'. 入力された三辺が(_三辺の長さリスト) :- write('三辺の長さを空白で区切って入力してください ? '), readln(_三辺の長さリスト). 三角形として成立したら(_三辺の長さリスト) :- 三角形の最長辺と残りの二辺(_三辺の長さリスト,_最長辺,[_辺_2,_辺_3]), 三角形として成立する為には最長辺は他の二辺の長さの合計より短くなくてはならない(_最長辺,_辺_2,_辺_3). 三角形の最長辺と残りの二辺(_三辺の長さリスト,_最長辺,[_辺_2,_辺_3]) :- select(_最長辺,_三辺の長さリスト,[_辺_2,_辺_3]), _最長辺 >= _辺_2, _最長辺 >= _辺_3. 三角形として成立する為には最長辺は他の二辺の長さの合計より短くなくてはならない(_最長辺,_辺_2,_辺_3) :- _最長辺 < _辺_2 + _辺_3. 'OKと表示する' :- write('OK\n'). 三角形として不成立でNGを出す :- write('NG\n').