このディレクトリの索引

# 出典 :: C/C++の宿題片付けます 131代目 #422 # [1] 授業単元: c言語 # [2] 問題文 # 課題1 整数 n を入力すると n から1 までを出力する # プログラムを作成せよ。 # 課題2 整数 n を入力すると1からn まで出力する。 # ただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示すること。 # プログラムを作成せよ。 # 課題3 整数 n を入力すると1 から n までの間の、 # 3か5いずれかの倍数の個数を数えて表示するプログラムを作成せよ。 '整数 n を入力すると n から1 までを出力する'(0) :- !. '整数 n を入力すると n から1 までを出力する'(N) :- writef('%t\w',[N]), N1 is N - 1, '整数 n を入力すると n から1 までを出力する'(N1). '整数 n を入力すると1からn まで出力するただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示'(N) :- '整数 n を入力すると1からn まで出力するただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示'(1,N). '整数 n を入力すると1からn まで出力するただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示'(M,N) :- M > N,!. '整数 n を入力すると1からn まで出力するただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示'(M,N) :- 0 is M mod 3, writef('%w*\n',[M]), M2 is M + 1, '整数 n を入力すると1からn まで出力するただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示'(M2,N). '整数 n を入力すると1からn まで出力するただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示'(M,N) :- 0 is M mod 5, writef('%w*\n',[M]), M2 is M + 1, '整数 n を入力すると1からn まで出力するただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示'(M2,N). '整数 n を入力すると1からn まで出力するただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示'(M,N) :- writef('%w\n',[M]), M2 is M + 1, '整数 n を入力すると1からn まで出力するただし、3の倍数か、5の倍数の時には数字の右側に* と表示'(M2,N). '整数 n を入力すると1 から n までの間の、3か5いずれかの倍数の個数を数えて表示する'(M,N,0) :- M > N,!. '整数 n を入力すると1 から n までの間の、3か5いずれかの倍数の個数を数えて表示する'(M,N,X) :- 0 is M mod 3, M2 is M + 1, '整数 n を入力すると1 から n までの間の、3か5いずれかの倍数の個数を数えて表示する'(M2,N,Y), X is Y + 1. '整数 n を入力すると1 から n までの間の、3か5いずれかの倍数の個数を数えて表示する'(M,N,X) :- 0 is M mod 5, M2 is M + 1, '整数 n を入力すると1 から n までの間の、3か5いずれかの倍数の個数を数えて表示する'(M2,N,Y), X is Y + 1. '整数 n を入力すると1 から n までの間の、3か5いずれかの倍数の個数を数えて表示する'(M,N,X) :- M2 is M + 1, '整数 n を入力すると1 から n までの間の、3か5いずれかの倍数の個数を数えて表示する'(M2,N,X).