このディレクトリの索引

% 以下のサイトは # # 横書文書を縦書文書に変形する # # 事例として、あぜといへかの万葉仮名表記部分の生成 # :- op(700,xfx,は). 横書文書を縦書文書に変形する(_横書文書,_縦書文書) :- 横書文書を縦書文書に変形する(_横書文書,0,_縦書文書). 横書文書を縦書文書に変形する(_横書文書,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 改行を区切りに行ならびに変形する(_横書文書,_行ならび), 行ならびを縦書文書に変形する(_行ならび,_列間隔文字数,_縦書文書). 行ならびを縦書文書に変形する(_行ならび,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 最大文字列長を調べその長さに揃えて文書を矩形にする(_行ならび,_矩形ならび), 行ならびを転置する(_矩形ならび,_転置した矩形ならび), 矩形ならびの各要素行の内容を反転して縦書文書にする(_転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書). 矩形ならびの各要素行の内容を反転して縦書文書にする(_転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 矩形ならびの各要素行の内容を反転する(_転置した矩形ならび,_要素が反転した転置した矩形ならび), 縦書文書に変形する(_要素が反転した転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書). 改行を区切りに行ならびに変形する(_横書文書,[_前文字列|R]) :- 改行を区切りに(_横書文書,_前文字列,_後文字列), 改行を区切りに行ならびに変形する(_後文字列,R). 改行を区切りに行ならびに変形する(_文字列,R) :- 改行が存在しない場合停止する(_文字列,R). 改行が存在しない場合停止する('',[]) :- !. 改行が存在しない場合停止する(_文書,[_文書]). 改行を区切りに(_横書文書,_前文字列,_後文字列) :- 副文字列(_横書文書,_先頭からの変位,1,_末尾からの変位,'\n'), 副文字列(_横書文書,0,_先頭からの変位,_,_前文字列), 副文字列(_横書文書,_,_末尾からの変位,0,_後文字列),!. 最大文字列長を調べその長さに揃えて文書を矩形にする(_行ならび,_矩形ならび) :- 最大文字列長を調べ(_行ならび,_最大文字列長), その長さに揃えて文書を矩形にする(_行ならび,_最大文字列長,_矩形ならび). 最大文字列長を調べ(_行ならび,_最大文字列長) :- 解の最大値(_文字数,( 行ならびから行を取り出す(_行,_行ならび), 文字列長(_行,_文字数)),_最大文字列長). その長さに揃えて文書を矩形にする(_行ならび,_最大文字列長,_矩形ならび) :- 解を集める(_空白を付加した文字列,( 行ならびから行を取り出す(_行,_行ならび), 最大文字列長に達しない部分は空白を付加する(_行,_最大文字列長,_空白を付加した文字列)),_矩形ならび). 最大文字列長に達しない部分は空白を付加する(_行,_最大文字列長,_空白を付加した文字列) :- 文字列長(_行,_文字列長), 最大文字列長に達しない部分は空白を付加する(_行,_最大文字列長,_文字列長,_空白を付加した文字列). 最大文字列長に達しない部分は空白を付加する(_行,_最大文字列長,_文字列長,_空白を付加した文字列) :- 達しない文字数の空白(_最大文字列長,_文字列長,_空白文字列), 二つの文字列を結合する(_行,_空白文字列,_空白を付加した文字列). 達しない文字数の空白(_最大文字列長,_文字列長,_空白文字列) :- _最大文字列長と文字列長の差 は _最大文字列長 - _文字列長, 解を集める(' ',( 整数を順に生成する(1,_最大文字列長と文字列長の差,_)),_空白文字ならび), 文字ならびを文字列に変換する(_空白文字列,_空白文字ならび). 行ならびを転置する(_矩形ならび,_転置された矩形ならび) :- 矩形文字ならびに変換する(_矩形ならび,_矩形文字ならび), 転置(_矩形文字ならび,_転置された矩形文字ならび), 転置された矩形文字ならびを行ならびに変換(_転置された矩形文字ならび,_転置された矩形ならび). 矩形文字ならびに変換する(_矩形ならび,_矩形文字ならび) :- 解を集める(_文字ならび,( 矩形ならびから行を取り出す(_行,_矩形ならび), 文字列を文字ならびに変換する(_行,_文字ならび)),_矩形文字ならび). 転置された矩形文字ならびを行ならびに変換(_転置された矩形文字ならび,_転置された矩形ならび) :- 解を集める(_文字列,( 矩形文字ならびから文字ならびを取り出す(_文字ならび,_転置された矩形文字ならび), 文字ならびを文字列に変換する(_文字列,_文字ならび)),_転置された矩形ならび). 転置した矩形ならびの各行文字列を反転する(_転置した矩形ならび,_反転した行文字列) :- 要素の取り出し(_行文字列,_転置した矩形ならび), 文字列の反転(_行文字列,_反転した行文字列). 矩形ならびの各要素行の内容を反転する(_転置した矩形ならび,_要素が反転した転置した矩形ならび) :- 解を集める(_反転した行文字列,( 矩形ならびから行を取り出す(_行文字列,_転置した矩形ならび), 文字列の反転(_行文字列,_反転した行文字列)),_要素が反転した転置した矩形ならび). 縦書文書に変形する(_要素が反転した転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 列間隔文字を挟んで縦書文書に変形する(_要素が反転した転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書). 列間隔文字を挟んで縦書文書に変形する(_矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 列間隔文字を挟んで(_矩形ならび,_列間隔文字数,_矩形ならび_1), 縦書文書に変形する(_矩形ならび_1,_縦書文書). 列間隔文字を挟んで(_矩形ならび_1,_列間隔文字数,_矩形ならび_2) :- 列間隔文字(_列間隔文字数,_列間隔文字), 解を集める(_行,( 行文字の間に列間隔文字を挿入する(_矩形ならび_1,_列間隔文字,_行)),_矩形ならび_2). 列間隔文字(_列間隔文字数,_列間隔文字) :- 解を集める(' ',( 整数を順に生成する(1,_列間隔文字数,_)),_列間隔文字ならび), 文字列を結合する(_列間隔文字ならび,_列間隔文字). 行文字の間に列間隔文字を挿入する(_矩形ならび_1,_列間隔文字,_行) :- 矩形ならびから行を取り出す(_行_1,_矩形ならび_1), 文字列を文字ならびに変換する(_行_1,_文字ならび), 文字列を結合する(_文字ならび,_列間隔文字,_行). 縦書文書に変形する(_矩形ならび_1,_縦書文書) :- 文字列を結合する(_矩形ならび_1,'\n',_縦書文書). 文字列の反転(_文字列,_反転した文字列) :- 文字列を文字ならびに変換する(_文字列,_文字ならび), 文字ならびを反転する(_文字ならび,_反転した文字ならび), 文字ならびを文字列に変換する(_反転した文字列,_反転した文字ならび). %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 副文字列(_文字列,_開始位置,_長さ,_残り文字数,_副文字列) :- sub_atom(_文字列,_開始位置,_長さ,_残り文字数,_副文字列). 矩形ならびから行を取り出す(_行,_矩形ならび) :- member(_行,_矩形ならび). 矩形文字ならびから文字ならびを取り出す(_文字ならび,_転置された矩形文字ならび) :- member(_文字ならび,_転置された矩形文字ならび). 行ならびから行を取り出す(_行,_行ならび) :- member(_行,_行ならび). 二つの文字列を結合する(_文字列_1,_文字列_2,_結合した文字列) :- atom_concat(_文字列_1,_文字列_2,_結合した文字列). 文字列を結合する(_文字列ならび,_挿入文字,_結合した文字列) :- atomic_list_concat(_文字列ならび,_挿入文字,_結合した文字列). 文字列を結合する(_文字列ならび,_結合した文字列) :- atomic_list_concat(_文字列ならび,_結合した文字列). 文字列を文字ならびに変換する(_文字列,_文字ならび) :- atom_chars(_文字列,_文字ならび). 文字ならびを反転する(_文字ならび,_反転した文字ならび) :- reverse(_文字ならび,_反転した文字ならび). 文字ならびを文字列に変換する(_反転した文字列,_反転した文字ならび) :- atom_chars(_反転した文字列,_反転した文字ならび). 文字列長(_文字列,_文字列長) :- atom_length(_文字列,_文字列長). 整数を順に生成する(1,_列間隔文字数,_) :- between(1,_列間隔文字数,_). 転置([],[],[]) :- !. 転置([[A|R1]|R2],[R1|R3],[A|R4]) :- 転置(R2,R3,R4). 転置([[]|_],[]) :- !. 転置(L,[L1|R2]) :- 転置(L,L2,L1), 転置(L2,R2). 解を集める(_候補項,_目標,_解ならび) :- findall(_候補項,_目標,_解ならび). 解の最大値(_候補項,_目標,_解の最大値) :- findall(_候補項,_目標,_解ならび), 最大値(_解ならび,_解の最大値). 最大値(_ならび,_最大値) :- select(_最大値,_ならび,_残りならび), forall(member(_値,_残りならび),_最大値 @>= _値). 解の最小値(_候補項,_目標,_解の最小値) :- findall(_候補項,_目標,_解ならび), 最小値(_解ならび,_解の最小値). 最小値(_ならび,_最小値) :- select(_最小値,_ならび,_残りならび), forall(member(_値,_残りならび),_最小値 @=< _値). _値 は _式 :- _値 is _式. % 以下のサイトは # # 横書文書を縦書文書に変形する # # 事例として、あぜといへかの万葉仮名表記部分の生成 # 横書文書を縦書文書に変形する(_横書文書,_縦書文書) :- 横書文書を縦書文書に変形する(_横書文書,0,_縦書文書). 横書文書を縦書文書に変形する(_横書文書,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 改行を区切りに行ならびに変形する(_横書文書,_行ならび), 行ならびを縦書文書に変形する(_行ならび,_列間隔文字数,_縦書文書). 行ならびを縦書文書に変形する(_行ならび,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 最大文字列長を調べその長さに揃えて文書を矩形にする(_行ならび,_矩形ならび), 行ならびを転置する(_矩形ならび,_転置した矩形ならび), 矩形ならびの各要素行の内容を反転して縦書文書にする(_転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書). 矩形ならびの各要素行の内容を反転して縦書文書にする(_転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 矩形ならびの各要素行の内容を反転する(_転置した矩形ならび,_要素が反転した転置した矩形ならび), 縦書文書に変形する(_要素が反転した転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書). 改行を区切りに行ならびに変形する(_横書文書,[_前文字列|R]) :- 改行を区切りに(_横書文書,_前文字列,_後文字列), 改行を区切りに行ならびに変形する(_後文字列,R). 改行を区切りに行ならびに変形する(_文字列,R) :- 改行が存在しない場合停止する(_文字列,R). 改行が存在しない場合停止する('',[]) :- !. 改行が存在しない場合停止する(_文書,[_文書]). 改行を区切りに(_横書文書,_前文字列,_後文字列) :- sub_atom(_横書文書,S,1,R,'\n'), sub_atom(_横書文書,0,S,_,_前文字列), sub_atom(_横書文書,_,R,0,_後文字列),!. 最大文字列長を調べその長さに揃えて文書を矩形にする(_行ならび,_矩形ならび) :- 最大文字列長を調べ(_行ならび,_最大文字列長), その長さに揃えて文書を矩形にする(_行ならび,_最大文字列長,_矩形ならび). 最大文字列長を調べ(_行ならび,_最大文字列長) :- findmax(_文字数,( member(_行,_行ならび), atom_length(_行,_文字数)),_最大文字列長). その長さに揃えて文書を矩形にする(_行ならび,_最大文字列長,_矩形ならび) :- findall(_空白を付加した文字列,( member(_行,_行ならび), 最大文字列長に達しない部分は空白を付加する(_行,_最大文字列長,_空白を付加した文字列)),_矩形ならび). 最大文字列長に達しない部分は空白を付加する(_行,_最大文字列長,_空白を付加した文字列) :- atom_length(_行,_文字列長), 最大文字列長に達しない部分は空白を付加する(_行,_最大文字列長,_文字列長,_空白を付加した文字列). 最大文字列長に達しない部分は空白を付加する(_行,_最大文字列長,_文字列長,_空白を付加した文字列) :- 達しない文字数の空白(_最大文字列長,_文字列長,_空白文字列), atom_concat(_行,_空白文字列,_空白を付加した文字列). 達しない文字数の空白(_最大文字列長,_文字列長,_空白文字列) :- _nth1 is _最大文字列長 - _文字列長, findall(' ',( between(1,_nth1,_)),_空白文字ならび), 文字ならびを文字列に変換する(_空白文字列,_空白文字ならび). 行ならびを転置する(_矩形ならび,_転置された矩形ならび) :- 矩形文字ならびに変換する(_矩形ならび,_矩形文字ならび), 転置(_矩形文字ならび,_転置された矩形文字ならび), 転置された矩形文字ならびを行ならびに変換(_転置された矩形文字ならび,_転置された矩形ならび). 矩形文字ならびに変換する(_矩形ならび,_矩形文字ならび) :- findall(_文字ならび,( member(_行,_矩形ならび), 文字列を文字ならびに変換する(_行,_文字ならび)),_矩形文字ならび). 転置された矩形文字ならびを行ならびに変換(_転置された矩形文字ならび,_転置された矩形ならび) :- findall(_文字列,( member(_文字ならび,_転置された矩形文字ならび), 文字ならびを文字列に変換する(_文字列,_文字ならび)),_転置された矩形ならび). 転置した矩形ならびの各行文字列を反転する(_転置した矩形ならび,_反転した行文字列) :- member(_行文字列,_転置した矩形ならび), 文字列の反転(_行文字列,_反転した行文字列). 矩形ならびの各要素行の内容を反転する(_転置した矩形ならび,_要素が反転した転置した矩形ならび) :- findall(_反転した行文字列,( member(_行文字列,_転置した矩形ならび), 文字列の反転(_行文字列,_反転した行文字列)),_要素が反転した転置した矩形ならび). 縦書文書に変形する(_要素が反転した転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 列間隔文字を挟んで縦書文書に変形する(_要素が反転した転置した矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書). 列間隔文字を挟んで縦書文書に変形する(_矩形ならび,_列間隔文字数,_縦書文書) :- 列間隔文字を挟んで(_矩形ならび,_列間隔文字数,_矩形ならび_1), 縦書文書に変形する(_矩形ならび_1,_縦書文書). 列間隔文字を挟んで(_矩形ならび_1,_列間隔文字数,_矩形ならび_2) :- 列間隔文字(_列間隔文字数,_列間隔文字), findall(_行,( 行文字の間に列間隔文字を挿入する(_矩形ならび_1,_列間隔文字,_行)),_矩形ならび_2). 列間隔文字(_列間隔文字数,_列間隔文字) :- findall(' ',( between(1,_列間隔文字数,_)),_列間隔文字ならび), atomic_list_concat(_列間隔文字ならび,_列間隔文字). 行文字の間に列間隔文字を挿入する(_矩形ならび_1,_列間隔文字,_行) :- member(_行_1,_矩形ならび_1), 文字列を文字ならびに変換する(_行_1,_文字ならび), atomic_list_concat(_文字ならび,_列間隔文字,_行). 縦書文書に変形する(_矩形ならび_1,_縦書文書) :- atomic_list_concat(_矩形ならび_1,'\n',_縦書文書). 文字列の反転(_文字列,_反転した文字列) :- 文字列を文字ならびに変換する(_文字列,_文字ならび), 文字ならびを反転する(_文字ならび,_反転した文字ならび), 文字ならびを文字列に変換する(_反転した文字列,_反転した文字ならび). %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 文字列を文字ならびに変換する(_文字列,_文字ならび) :- atom_chars(_文字列,_文字ならび). 文字ならびを反転する(_文字ならび,_反転した文字ならび) :- reverse(_文字ならび,_反転した文字ならび). 文字ならびを文字列に変換する(_反転した文字列,_反転した文字ならび) :- atom_chars(_反転した文字列,_反転した文字ならび). 転置([],[],[]) :- !. 転置([[A|R1]|R2],[R1|R3],[A|R4]) :- 転置(R2,R3,R4). 転置([[]|_],[]) :- !. 転置(L,[L1|R2]) :- 転置(L,L2,L1), 転置(L2,R2). findmax(A,P,_最大値) :- findall(A,P,L), max_list(L,_最大値). % 以下のサイトは 縦書文書を横書行ならびに変形する(_縦書文書,_横書き行ならび) :- 改行を区切りに行ならびに変形する(_縦書文書,_縦書行ならび), 縦書行ならびを横書行ならびに変形する(_縦書行ならび,_横書き行ならび). 縦書行ならびを横書行ならびに変形する(_縦書行ならび,_横書き行ならび) :- 縦書行ならびを反転した行文字ならびに変換(_縦書行ならび,_反転した行文字ならび), 転置(_反転した行文字ならび,_転置した行文字ならび), 転置した行文字ならびを横書き行ならびに変換(_転置した行文字ならび,_横書き行ならび). 縦書行ならびを反転した行文字ならびに変換(_縦書行ならび,_反転した行文字ならび) :- findall(_反転した文字ならび,( member(_行文字列,_縦書行ならび), 文字列を反転した文字ならびに変換(_行文字列,_反転した文字ならび)),_反転した行文字ならび). 文字列を反転した文字ならびに変換(_文字列,_反転した文字ならび) :- 文字列を反転した文字ならびに変換(_文字列,[],_反転した文字ならび). 文字列を反転した文字ならびに変換('',_反転した文字ならび,_反転した文字ならび) :- !. 文字列を反転した文字ならびに変換(_文字列,L1,_反転した文字ならび) :- 先頭文字と残り文字列(_文字列,_先頭文字,_残り文字列), 文字列を反転した文字ならびに変換(_残り文字列,[_先頭文字|L1],_反転した文字ならび). 先頭文字と残り文字列(_文字列,_先頭文字,_残り文字列) :- sub_atom(_文字列,0,1,_末尾からの変位,_先頭文字), sub_atom(_文字列,_,_末尾からの変位,0,_残り文字列). 改行を区切りに行ならびに変形する(_縦書文書,[_前文字列|R]) :- 改行を区切りに(_縦書文書,_前文字列,_後文字列), 改行を区切りに行ならびに変形する(_後文字列,R). 改行を区切りに行ならびに変形する(_文字列,R) :- 改行が存在しない場合停止する(_文字列,R). 改行が存在しない場合停止する('',[]) :- !. 改行が存在しない場合停止する(_文書,[_文書]). 改行を区切りに(_縦書文書,_前文字列,_後文字列) :- sub_atom(_縦書文書,_先頭からの変位,1,_末尾からの変位,'\n'), sub_atom(_縦書文書,0,_先頭からの変位,_,_前文字列), sub_atom(_縦書文書,_,_末尾からの変位,0,_後文字列),!. 転置([],[],[]) :- !. 転置([[A|R1]|R2],[R1|R3],[A|R4]) :- 転置(R2,R3,R4). 転置([[]|_],[]) :- !. 転置(L,[L1|R2]) :- 転置(L,L2,L1), 転置(L2,R2). 転置した行文字ならびを横書き行ならびに変換(_転置した行文字ならび,_横書き行ならび) :- findall(_行文字列,( 空白行を取り除きながら行文字ならびを行文字列に変換する(_転置した行文字ならび,_行文字列)),_横書き行ならび). 空白行を取り除きながら行文字ならびを行文字列に変換する(_転置した行文字ならび,_行文字列) :- member(_行文字ならび,_転置した行文字ならび), 空白行ではない(_行文字ならび), atom_chars(_行文字列,_行文字ならび). 空白行ではない(_行文字ならび) :- \+(空白行(_行文字ならび)). 空白行(_行文字ならび) :- forall(member(_文字,_行文字ならび),_文字 = ' '). % 以下のサイトは # 出典:: http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1232627790/958 # # 【 課題 】テキストファイルから文字列5行を読み込み、別のテキストへ縦書きで書き出す # 【 形態 】1. Javaアプリケーション(main()で開始) # 【 期限 】7/14 am6:00 # 【 Ver  】Eclipse Version: 3.4.2 # 【 補足 】 # あいう # かきく # さしす # 上記のようなテキストファイルを読み込み、 # あかさ # いきし # うくす # のように別のテキストファイルに書き出す感じです。 テキストファイルから文字列5行を読み込み、別のテキストへ縦書きで書き出す(InFile,OutFile) :- open(InFile,read,Input), open(OutFile,write,Output), findall(Chars,(for(1,N,5),get_line(InFile,_行),atom_chars(_行,Chars)),LL), max(Chars,Max), 空白文字を付加して文字数一致させる(Max,LL,LL2), 行列の転置(LL2,LL3), 出力ファイルに書き出す(Output,LL3). 出力ファイルに書き出す(Output,[]) :- close(Output),!. 出力ファイルに書き出す(Output,[L|R]) :- concat_atom(L,S), write_formatted(Output,'%t\n',[S]), 出力ファイルに書き出す(Output,R). 空白文字を付加して文字数を一致させる(Max,LL1,LL2) :- findall(L,(member(L1,LL1),length(L,Max),append(L1,L2,L),all(L2,' ')),LL2). all([],_). all([V|R],V) :- all(R,V). % 以下のサイトは # 出典:: http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1232627790/958 # # 【 課題 】テキストファイルから文字列5行を読み込み、別のテキストへ右縦書きで書き出す # 【 形態 】1. Javaアプリケーション(main()で開始) # 【 期限 】7/14 am6:00 # 【 Ver  】Eclipse Version: 3.4.2 # 【 補足 】 # あいう # かきく # さしす # 上記のようなテキストファイルを読み込み、 # さかあ # しきい # すくう # のように別のテキストファイルに書き出す感じです。 テキストファイルから文字列5行を読み込み、別のテキストへ右縦書きで書き出す(InFile,OutFile) :- open(InFile,read,Input), open(OutFile,write,Output), findall(Chars,(for(1,N,5),get_line(InFile,_行),atom_chars(_行,Chars)),LL), findmax(Len,length(Chars,Len),Max), 空白文字を付加して文字数一致させる(Max,LL,LL2), 行列の転置(LL2,LL3), 右書き用に反転して出力ファイルに書き出す(Output,LL3). 右書き用に反転して出力ファイルに書き出す(Output,[]) :- close(Output),!. 右書き用に反転して出力ファイルに書き出す(Output,[L|R]) :- reverse(L,L1), concat_atom(L1,S), write_formatted(Output,'%t\n',[S]), 右書き用に反転して出力ファイルに書き出す(Output,R). 空白文字を付加して文字数を一致させる(Max,LL1,LL2) :- findall(L,(member(L1,LL1),length(L,Max),append(L1,L2,L),all(L2,' ')),LL2). all([],_). all([V|R],V) :- all(R,V). % 以下のサイトは # 出典:: http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1232627790/958 # # 【 課題 】テキストファイルから文字列5行を読み込み、別のテキストへ縦書きで書き出す # 【 形態 】1. Javaアプリケーション(main()で開始) # 【 期限 】7/14 am6:00 # 【 Ver  】Eclipse Version: 3.4.2 # 【 補足 】 # あいう # かきく # さしす # 上記のようなテキストファイルを読み込み、 # あかさ # いきし # うくす # のように別のテキストファイルに書き出す感じです。 'テキストファイルから文字列5行を読み込み、別のテキストへ縦書きで書き出す'(_テキストファイル,_別のテキストファイル) :- 'テキストファイルから文字列5行を読み込み、'(_テキストファイル,LL), '別のテキストへ縦書きで書き出す'(_別のテキストファイル,LL), 'テキストファイルから文字列5行を読み込み、'(_テキストファイル,_行文字ならびのならび) :- open(_テキストファイル,read,Instream), 文字列を5行読み込み(Instream,_行文字ならびのならび), close(Instream). 文字列を5行読み込み(Instream,_行文字ならびのならび) :- findall(_行文字ならび,( between(1,5,N), get_line(Instream,_行文字列), atom_chars(_行文字列,_行文字ならび)), _行文字ならびのならび). 別のテキストファイルへ縦書きで書き出す(_別のテキストファイル,_行文字ならびのならび) :- 別のテキストファイルへ(_別のテキストファイル,Outstream), 縦書きで(_行文字ならびのならび,_縦書き), 書き出す(Outstream,_縦書き). 別のテキストファイルへ(Outfile,Outstream) :- open(_別のテキストファイル,write,Outstream). 縦書きで(_行文字ならびのならび,_縦書き) :- 最長の行文字数(_行文字ならびのならび,_最長の行文字数), 空白文字を付加して行の文字数一致させる(_最長の行文字数,_行文字ならびのならび,_空白を付加し長さを揃えた行文字ならびのならび), 行列の転置(_空白を付加し長さを揃えた行文字ならびのならび,_縦書き). 最長の行文字数(_行文字ならびのならび,_最長の行文字数) :- findmax(_行の文字数,( member(_行文字ならび,_行文字ならびのならび), length(_行文字ならび,_行の文字数)), _最長の行文字数). 空白文字を付加して文字数を一致させる(_最長の行文字数,_行文字ならびのならび,_空白を付加し長さを揃えた行文字ならびのならび) :- findall(_空白を付加し長さを揃えた文字ならび,( member(_行文字ならび,_行文字ならびのならび), length(_空白を付加し長さを揃えた行文字ならび,_最長の行文字数), append(_行文字ならび,_空白を付加し長さを揃えた行文字ならび,_空白を付加し長さを揃えた行文字ならび), all(L2,' ')), _空白を付加し長さを揃えた行文字ならびのならび). 書き出す(Outstream,[]) :- close(Outstream). 書き出す(Outstream,[_行文字ならび|R]) :- atomic_list_concat(_行文字ならび,_行文字列), format(Outstream,'~w\n',[_行文字列]), 書き出す(Outstream,R). all([],_). all([V|R],V) :- all(R,V). % 以下のサイトは # 左横書き文書を右縦書き文書に変換してください # 左横書き文書を右縦書き文書に変換(_横書きの行ならび,_縦書きに置換された行ならび) :- 行の最大長まで空白を付加した文字ならびのならびを作る(_横書きの行ならび,_文字ならびのならび), 転置(_文字ならびのならび,_縦書き用に転置された文字ならびのならび), 右書き用に反転して文字列に戻す(_縦書き用に転置された文字ならびのならび,_縦書きに置換された行ならび),!. 行の最大長まで空白を付加した文字ならびのならびを作る(_横書きの行ならび,_文字ならびのならび) :- 行の最大長を得る(_行の最大長), findall(Chars_2,( append(_,[_行|_],_横書きの行ならび), atom_chars(_行,Chars_1), 空白を付加して文字数を揃える(_行の最大長,Chars_1,Chars_2)), _文字ならびのならび). 行の最大長を得る(_行の最大長) :- findmax(_長さ,( append(_,[_行|_],_横書きの行ならび), sub_atom(_行,0,_長さ,0,_行)), _行の最大長). 空白文字を付加して文字数を揃える(_文字の最大長,_文字ならび,_空白を付加された文字ならび) :- length(_空白を付加された文字ならび,_文字の最大長), append(_文字ならび,_付加するならび,_空白を付加された文字ならび), all(_付加するならび,' '). 右書き用に反転して文字列に戻す([],[]) :- !. 右書き用に反転して文字列に戻す([L1|R1],[S|R2]) :- reverse(L1,L2), atomic_list_concat(L2,S), 右書き用に反転して文字列に戻す(R1,R2). % 以下のサイトは # 出典:: http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/tech/1294061094/210 # # [1] 授業単元:プログラミング演習 # [2] 問題文(含コード&リンク) # # 問題2 # キーボードから文字列を入力し,その文字列を縦書きで表示するプログラムを作 # 成しなさい。このプログラムは「文字列が格納されている配列から,一文字だけ表示して改 # 行する」という処理を文字数分だけ繰り返すことで実現できます. # <実行例> # 文字列:orz # o # r # z # 'キーボードから文字列を入力し,その文字列を縦書きで表示する' :- get_line(Line), sub_atom(Line,_,1,R,_文字), write_formatted('%t\n',[_文字]), R = 0. % 以下のサイトは # 出典:: http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1232627790/958 # # 【 課題 】テキストファイルから文字列5行を読み込み、別のテキストへ右縦書きで書き出す # 【 形態 】1. Javaアプリケーション(main()で開始) # 【 期限 】7/14 am6:00 # 【 Ver  】Eclipse Version: 3.4.2 # 【 補足 】 # あいう # かきく # さしす # 上記のようなテキストファイルを読み込み、 # さかあ # しきい # すくう # のように別のテキストファイルに書き出す感じです。 'テキストファイルから文字列5行を読み込み、別のテキストへ右縦書きで書き出す'(InFile,OutFile) :- テキストファイルから文字列5行を読み込み(Infile,_文字列5行), 別のテキストへ右縦書きで(_文字列5行,_右書き用に置換された文字列ならび), 書き出す(OutFile,_右書きように置換された文字列ならび), テキストファイルから文字列5行を読み込み(Infile,_文字列5行) :- open(InFile,read,Instream), findall(_行,( between(1,5,N), get_line(Instream,_行)), _文字列5行), close(InFile). 別のテキストへ右縦書きで(_文字列5行,_右書き用に置換された文字列ならび) :- findmax(_行の長さ,( member(_行,_文字列5行), atom_length(_行,_行の長さ), _最長文字数), 空白文字を付加して文字数一致させる(_最長文字数,_文字列5行,_空白文字を付加して矩形にした文字列5行), 右書き用に置換する(_空白文字を付加して矩形にした文字列5行,_右書き用に置換された文字列ならび). 右書き用に置換する(_空白文字を付加して矩形にした文字列5行,_右書き用に置換された文字列ならび) :- 行を反転しながら転置する(_空白文字を付加して矩形にした文字列5行,_右書き用に置換された文字列ならび). 行を反転しながら転置する(_空白文字を付加して矩形にした文字列5行,_右書き用に置換された文字列ならび) :- '一旦文字ならびに変換して、行を反転して転置する'(_空白文字を付加して矩形にした文字列5行,LL2), 文字列に戻す(LL2,_右書き用に置換された文字列ならび). '一旦文字ならびに変換して、行を反転して転置する'(_空白文字を付加して矩形にした文字列5行,LL2) :- findall(L,( member(_行,_空白文字を付加して矩形にした文字列5行), atom_chars(_行,Chars), reverse(Chars,L)), LL1), 転置(LL1,LL2). 文字列に戻す(LL2,_右書き用に置換された文字列ならび) :- findall(_文字列,( member(Chars,LL2), atom_chars(_文字列,Chars)), _右書き用に置換された文字列ならび). 空白文字を付加して文字数を一致させる(_最大文字数,_文字列5行,_空白を付加した文字列5行) :- findall(_空白を付加された文字列,( member(_文字列,_文字列5行), atom_length(_文字列,_文字列長さ), 空白文字を付加する(_最大文字数,_文字列の長さ,_文字列,_空白を付加された文字列)), _空白を付加された文字列5行). 空白文字を付加する(_最大文字数,_文字列の長さ,_文字列,_空白を付加された文字列) :- _空白文字数 is _最大文字数 - _文字列の長さ, findall(' ',between(1,_空白文字数,_),_空白文字ならび), atomic_list_concat([_文字列|_空白文字ならび],_空白を付加された文字列). 書き出す(OutFile,_右書き用に置換された文字列ならび) :- open(OutFile,write,Outstream), append(_,[_行|R],_右書き用に置換された文字列ならび), writef(Outstream,'%t\n',[_行]), R = [], close(Outstream). % % この符にはfindall/3だけで表現するという主題がある。 %