このディレクトリの索引


最大公約数をユークリッドの互除法で求める(M,N,N) :-
        'MがNで割りきれたらNが最大公約数である'(M,N).

最大公約数をユークリッドの互除法で求める(M,N,X) :-
        'MがNで割り切れず'(M,N),
        'Modが余りなら'(M,N,Mod),
        '第一引数をN,第二引数をModに入れ替えて、最大公約数をユークリッドの互除法で求める'(N,Mod,X).



                                'MがNで割りきれたらNが最大公約数である'(M,N) :-
                                        0 =:= M mod N.

                                'MがNで割り切れず'(M,N) :-
                                        0 =\= M mod N.

                                'Modが余りなら'(M,N,Mod) :-
                                        Mod is M mod N.


        '第一引数をN,第二引数をModに入れ替えて、最大公約数をユークリッドの互除法で求める'(N,Mod,X) :-
                最大公約数をユークリッドの互除法で求める(N,Mod,X).