このディレクトリの索引
#  https://twitter.com/TakaoOzaki/status/471200477028167680
#  https://twitter.com/TakaoOzaki/status/471202402259849216

'きのうの花はけふの夢と、驚かぬこそ愚かなれ、'(_きのうの花はけふの夢と,_驚かぬこそ愚かなれ) :-
きのうの花はけふの夢と,
驚かぬこそ愚かなれ(_驚かぬこそ愚かなれ).

きのうの花はけふの夢と.

驚かぬこそ愚かなれ('目覚めない。気がつかない。夢の縁語。').

'身の憂きに人の恨みのなほ添ひて、忘れもやらぬわが思ひ、せめてや暫し慰むと、梓の弓に怨霊の、これまで現はれ出でたるなり。' :-
身の憂きに,
人の恨みのなほ添ひて(_人の恨みのなえ添ひて),
'忘れもやらぬわが思ひ、せめてや暫し慰むと、梓の弓に怨霊の、これまで現はれ出でたるなり。'.

身の憂きに.

人の恨みのなほ添ひて('人(葵の上)を怨む心。').

'忘れもやらぬわが思ひ、せめてや暫し慰むと、梓の弓に怨霊の、これまで現はれ出でたるなり。'.


'上記出典は日本古典文学体系「謡曲集 上」。世阿弥作曲 『葵の上』。'.